農場紹介

・クスダマ農場へようこそ!「安心・安全・おいしさを適正価格」でお届けします。長野県下伊那郡阿南町和合の豊かな自然の中で平飼いでタマゴを生産しております。餌は、お米を主体に遺伝子組み換えでない飼料を配合して与えています。是非ご利用お待ちしております。

2014年6月30日月曜日

雛@育雛装置から卒業しました

どうも。雛が来まして明日で2週間になります。概ね、順調に進んでいると思います。土曜日に育雛装置から卒業とあいなりました。狭い育雛装置から解き放たれて、はじめは戸惑っていた様子の雛でしたが、程なく落ち着きを取り戻し、走り回ったりと相変わらずの元気のよさを見せ付けてくれました。しかし、一方で新たな心配もあります。それは、夜の密集です。習性で雛は夜は固まって眠ります。少ない数であればさして問題はないのですが、100羽が密集すると中のほうに居る雛が空気不足になり免疫力の低下からコクシジウムという病気にかかるリスクが高まります。闇があたりを包み込む19時半過ぎに鶏舎に行きますと、壁際でこそないのですが100羽が固まっていました。
そこで、雛をある程度の距離を保ちつつ6群に分けます。鶏は、鳥目で暗いと見えないので基本的に動き回れません。2晩、これで問題ないのですが、毎日分けるのも手がかかるので、網で6区画を分けてみようかと思っています。












0 件のコメント:

コメントを投稿