農場紹介

・クスダマ農場へようこそ!「安心・安全・おいしさを適正価格」でお届けします。長野県下伊那郡阿南町和合の豊かな自然の中で平飼いでタマゴを生産しております。餌は、お米を主体に遺伝子組み換えでない飼料を配合して与えています。是非ご利用お待ちしております。

2014年2月4日火曜日

耕運機復活

エンジンがかからなくなってしまった愛耕運機F950。助けを乞いまして、キャブの掃除をしてみるのがよろしかろう。という助言を頂戴し、教えに従い部品をはずしてキャブクリーナーを吹いてみたら無事にエンジンがかかりました。イヤー、掛かったときはアドレナリンが出ました!嬉しい、ありがたや。

ホンダF950、息を噴きかえしました。


 動いたので、鶏舎建築予定地にロータリーをかけました。夏に草を刈ったのですが、土中には根がはびこっており、ロータリーに絡みついてきます。絡まった根を取りながら、少しずつかけていきました。なかなか、厳しい条件だったのですが、さすが最大出力10馬力を誇るホンダF950です。力強く耕していきます。さあ、いよいよ建築に入っていきます。

いよいよ鶏舎が生まれます。

2 件のコメント:

  1. 色川 見習2014年2月7日 10:14

    寒い中頑張ってますね!
    耕耘機はガソリンエンジンなのですね?
    だいたいかからないときはキャブ詰まりです。
    鶏の種類は?

    返信削除
    返信
    1. 色川 見習さん

      ありがとうございます。
      返信が反映されていなくて失礼致しました。
      いまさらになってしまいますが、耕耘機は空冷ガソリンエンジンです。ディーゼルも検討したのですが、山間地の農地だけありまして、入るのに細く急な道を通らなくてはなりません。なるべく取り回しが楽で馬力がソコソコある機種を探しましてこのF950を選びました。ちなみに、その後、問題なく動いております。鶏は、おかざきおうはんを入れるつもりです。

      削除