農場紹介

・クスダマ農場へようこそ!「安心・安全・おいしさを適正価格」でお届けします。長野県下伊那郡阿南町和合の豊かな自然の中で平飼いでタマゴを生産しております。餌は、お米を主体に遺伝子組み換えでない飼料を配合して与えています。是非ご利用お待ちしております。

2014年1月7日火曜日

水道に予期せぬ深刻なエラーがあると思わざるをえない

水道を2日続けて凍結させてしまいました。今朝は、深夜3時ごろパチリと目が覚めて台所に行くと水が止まっていました。昼間、出かけの用があったので、出かけ前に継手をはずして、自然解凍を待つことにしました。夕刻、帰宅すると水が戻っており、ホースを繋ぎなおして復旧させました。昼間日が出ていたので、気温がそこそこ上がったのが良かったようです。水量も通常通り十分でており、ほっと胸をなでおろしていたのですが・・・。今晩22時ごろ台所の水流が極めて弱くなっており、凍結の気配がしたので、対策として台所に繋がる配管に電気毛布やお湯をかけて一時的に水流が戻りつつありましたが、23時半頃、水道全体の水流が停止。ライトを持って獣の声が彼方で聞こえる漆黒の森の中に踏み込み、タンクを確認しますと問題はありません。タンクのホースを外すと勢いよく水がでてきます。タンクに起因するエラーではないようです。途中2箇所ある継手を外すと、すでに水は止まっていました。タンクよりの黒パイプからは、極めて微弱でちょろ・・・という描写が相応しいくらいの水がでていましたけれど、凍結は時間の問題でしょう。

今晩の凍結の原因を探っていきますと、台所の凍結をきっかけとして水流が滞り、凍結に至った!と、言うところだと思われます。台所の配管に凍結防止の更なる対策を講じてみます。また、水流もより強く維持するようにしてみます。しかしながら、全開とまでは行きませんでしたが、それなりに水流は維持していました。さらには、水流が弱くなった段階で解凍を試みており、一時的には水流が戻りつつあったのです。なのに、全体の停止。何か未知なる原因が潜んでいるようで腑に落ちません。

とはいえ、今晩は、もう水が止まっているのでぐっすり眠れそうです。初めて水が止まったときは、正直テンパッテ精神的ダメージも大きかったのですが、まあ無かったらなかったで何とかなるものでして、お風呂はお預けですが、ペットボトルやポットに沢から水を汲んでくるひと手間が増えるだけで特に生活に大きな支障がないことを身を持って体感しましたので、あとは、明日の日中お日様が照ってくれることを願うばかりです。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿