農場紹介

・クスダマ農場へようこそ!「安心・安全・おいしさを適正価格」でお届けします。長野県下伊那郡阿南町和合の豊かな自然の中で平飼いでタマゴを生産しております。餌は、お米を主体に遺伝子組み換えでない飼料を配合して与えています。是非ご利用お待ちしております。

2015年2月5日木曜日

たまごの黄身が薄い

どうも。雪がうっすら積もった和合の一日でした。

「たまごの黄身が薄いね」とのご指摘をいただきました。
私自身、スーパーなどで市販されているたまごと比較して確かに薄いと感じています。

たまごの黄身の色というのは、餌の色素が大きく影響しています。なので、実際パプリカの粉末とか、飼料用青のり等が売られています。これらを喰わすと、黄身の色が濃~くなる訳なのです。ただ、ここで言わせて頂きたいのは、黄身の色が濃い=味が濃いという訳では無いのです。私自身の判断で必要か否か考えた末、そこまで黄身の色の濃さにこだわる必要は無かろと思い至った次第です。また、この時期、草などの青物がほとんど無いので、結果として黄身が薄くなってしまいます。なるべく、自然に寄り添った養鶏を目指しています。どうか、ご理解をいただけますと幸いです。
同時に、厳冬期でも青物を確保できるような体制を考えていきたいとも考えております。

まだまだ、至らぬ点多々ございますが、よろしくお願い致します!

0 件のコメント:

コメントを投稿