農場紹介

・クスダマ農場へようこそ!「安心・安全・おいしさを適正価格」でお届けします。長野県下伊那郡阿南町和合の豊かな自然の中で平飼いでタマゴを生産しております。餌は、お米を主体に遺伝子組み換えでない飼料を配合して与えています。是非ご利用お待ちしております。

2014年9月24日水曜日

近況などなど

どうも。ぐっう!と朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりました。同じく、日没も早くなってきており、18時前には、もう大分薄暗さを感じます。季節の変わり目のせいか、数日前から風邪の2歩手前・・・みたいな微妙な体調で、イマイチ調子があがりません。が、まあ何とかやっております。

鶏は、本日14週目に入りました。毛食いする(つつく)個体は相変わらずおりまして。夜止まり木に止まっていない一羽を上げてあげたら、尻の方の毛が大分少なくなっていました。体躯も小さめの個体なので、集中的に狙われているのかもしれません。100羽も居るので仕方が無いと割り切るしかないのか。それとも何らかの策があるのであろうか??悩みの種は尽きません。

新しい鶏舎を建てよう!と夏前から考えていたのですが、動けず。本当に情けない限りであります。もう病気です。腐っています。そして、自己嫌悪に陥っております。でも、次の鶏を入れることを考えると、さすがにもう動かざるを得ません。ということで、重い腰を上げた次第です。次の鶏が入る場所はあるんですが、現在飼料やらその他諸々の道具置き場になっておりまして、これらを移動させるために、次を作る!というわけです。

で、建設予定地にあった邪魔になる竹や木を切りまして、早速風呂の燃料として活用しております。お風呂を沸かして、入ろうとしたら調子に乗って燃やしすぎてしまったようで、地獄の釜のようにグツグツに湯だっていました。仕方がないので、大分水で薄めて入った次第であります。冷え込むようになって、やはり温かいお風呂のありがたみをヒシヒシと感じます。

寒くなってきたので、夏野菜はそろそろ終わりかな~という感じです。食卓を支えてくれていたオクラ、クウシンサイ、モロヘイヤも大分くたびれて、先は長く無かろう。という感じです。代わりの葉ものを今更ですが少し撒こうと思います。

実家では、ちょっとゴタゴタみたいなものがあって、結局とどのつまりはお金かな~とか、思ってしまい若干憂鬱になったような気がします。何とかお金があるから希望どおりの流れに乗っているけれど、無ければ無いで、その分、選択肢が減っていくという。まあ当然といえば当然の理であります。実家の話なので、私も口をさしはさんで、しかるべき立場ではあるのですが、実家には仕送りもせず、あろうことか借金までして手前勝手な生活を謳歌しているので、情けないことにとても意見を言える立場では無いんですね。悲しいかな。

ただただ、まあ、そんな感じです。
大概、秋は何か物悲しいものなので、まあこんな感じでも特段おかしくは無いのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿